キャッシング利用時の注意点について

キャッシング利用時の注意点について

キャッシング利用時の注意点について

 

一定の収入があれば誰でも気軽に利用出来るようになったキャッシングですが、要は借金をすることに変わりはありません。そこでここでは、そのキャッシングを利用する際の注意点について、お話していきたいと思います。

 

キャッシング利用時にまずすべきことは、お金を借りる目的がハッキリしているかということです。生活費の補填のため、結婚式等のイベントのため、旅行のため買物のため等、どんな目的であれ、借りたい理由がハッキリしていることが大切です。ただ目的と言っても、何となくお金が足りないので借りる、衝動的にお金が欲しくなったので借りる、人にせびられたので借りる、ギャンブル等の遊興費のために借りる等の、不透明な不健全な目的で借りるのは絶対に止めましょう。

 

次に大切なことはキャッシングに申し込む前に、必ず返済計画を立てておくことです。これはすぐ返せそうな小口の融資でも、ある程度まとまったお金が必要なときでも、必ず立てるようにしてください。ネット上には大手消費者金融の公式HPや、返済シミュレーション専門のサイト等、返済のシミュレーションが出来るサイトが沢山ありますので、それらを利用して大よその概算をしておくと良いでしょう。但しあくまで概算ですので、後で正式にキャッシングをしたときの目安程度に考えてください。またどうしても即日融資を受けたい場合は、業者毎に締切時間がありますから、それを必ず確認しましょう。

 

消費者金融や信販会社のキャッシングでは、総量規制といって、年収の3分の1以上は借りられない決まりですので、普段の収入や支出に鑑みて無理のない借入額を設定し、月々の返済額も筧を圧迫しない程度に抑える必要があります。キャッシングの出来る業者は今は沢山ありますが、その業者を選ぶ基準としてまず、金利・返済方式や返済方法・無利息期間の有無・サービス内容の充実度等を確認しましょう。銀行系のキャッシングやカードローンは銀行法に拠っているので、低金利である代わりに、より審査が厳しくなっていますが、その代わり良心的なサービスを提供し、安全性も高いと言えます。即日融資をしてもらえないことも多々ありますから、あまり急いでいないときに利用すると良いかもしれません。勿論、緊急時にも対応してくれるシステムのある銀行や業者でしたら、その限りではありません。

 

消費者金融でのキャッシングですと、金利は高いですが、サービス内容が充実していることが多く、即日融資や24時間いつでも申込や契約を受け付けていたり、提携しているコンビニや銀行のATMで、いつでも2回目以降の借入や返済が出来るますし、規定の日以外に規定以上の返済を行うことも可能です。無利息期間を設けている業者もありますから、短期で小口の融資を受けたいときには、このサービスを利用しても良いでしょう。ただ、初回申込時に限っている業者が多いので注意してください。また既に信販会社のクレジットカードを持っている人は、そのカードでキャッシング枠も持っておくと、カードの管理がしやすいです。その変わり、クレジット枠の返済日や金額と混同しないように注意しましょう。

 

またキャッシングに初めて申し込む際には、くれぐれも記入ミスや虚偽の記載のないようにしてください。もしミスや虚偽の情報のまま送信しても、業者は必ず信用情報機関にデータを照会して、確認を行っていますから、決してごまかすことは出来ません。それから審査に通る確率を高くするために1度に複数の業者に申し込みますと、他社への返済に使われるのではないかと誤解される可能性がありますので、決してしないでください。但し1社に断られても、すぐに次の業者に申し込めば、信用情報機関には記録が残りませんから、すぐ申し込むのは構いません。しかし何度も断られ続けますと、それには必ず理由があるはずですので、業者間で情報が回って、何社に申し込んでも審査は通りませんから、その理由を先に考えるようにしましょう。

 
トップへ戻る